過去の借金の話(6)-督促電話に出られなかった。

モビットも限度額50万円。キャッシングで生活費や支払、借金返済に充てていたが今思うと焼け石に水で完全に手遅れだった。実家に戻るなり一本化するなり根本的な対応しないと借金が増えるだけなのに、正常な判断が出来ずにいた。

a0008_001832

仕事も相変わらずぼろぼろの状態が続き、毎日の進捗会議が針のむしろになってきた。仕事中に督促電話がかかってくるようになっていたが全部無視していた。スーツや靴が駄目になっても買う余裕が無くて、トイレの鏡に映る俺はどん底のような格好をしていた。借金は200万円ちかくになっていた。

この頃になると給料が入ると家賃が引き落とされる前にお金を引き出していた。保険が引き落とされる額は残した。保険を滞納しなかったのは保険のおばちゃんに知られるのが嫌だったからだ。NHKは口座引き落としにしたことを心底悔んだ。携帯料金と光熱費は止められるまで支払わなかった。止められたら支払って再開してもらっていた。家賃は引き落とせなかった場合、督促のハガキがくるので、1カ月遅れで振り込んだ。ネットも止められてから支払った。借金の返済も基本的に1カ月遅れで返済していた。明細を見るとわずかな返済額の内、利息がかなりの額を占めていた。利息ばかり払って借金の元本がなかなか減らない。リボ払いとはこういうことなのだ。

不思議なことにどのように炎上案件が収束したのかを今思い出すことが出来ない。記憶喪失の一種かもしれない。

借金、仕事、ゴミ部屋、ギャンブル依存症等、一連の問題を乗り越えていくだけの気力がなかった。仕事も人間関係も人生もリセットしたくてしょうがなかった。超ハードモードだった。

楽○KCカードに申し込み、何故か審査に通ったが、どうにもならないことはわかっていた。

にほんブログ村 為替ブログ 豪ドルへ
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする