過去の借金の話(10)-1社完済した

実家に帰ってからは、借金のことは隠し続けた。まず各社の明細を郵送されないように手配した。そして延滞せずに支払いをすることで督促状も届かないようにした。山のようにある過去の明細は督促状の類を見つからないところに隠した。借金の総額は300万円弱で月々の返済は10数万円だったが、なんとか回るようになった。

a0960_005103

パチンコ屋にはまったく行かなくなったし、無駄遣いをすることはなく、もくもくと借金を返し続けた。だがなかなか借金は減らなかった。リボ払いだったから、6社それぞれ1~2万返済して元金が減るのは1社につき数千円だった。借金の一本化といわれるように、とにかく数を減らすしかないと思った。6社の中で一番借金が減っているライ○を集中して返済したかった。毎月6社に返済して残った給料からなるべくライ○の返済にまわしていった。ライ○の残債が減るとそれに比例して金利に支払う額は減ってので、少し希望が湧いてきた。

実家に帰ってどのくらいかかったか憶えてないが、ライ○の残債が15万円程度になったとき、支店まで出向きボーナスで完済した。ついでに解約した。初めての完済だったので嬉しかった。6社から5社に減っただけだが、負担はかなり減ったと感じた。次のターゲットをアプラ○に決めてひたすら頑張ったが、先はまだまだ長かった。

借金を返すために頑張っていたが仕事は苦痛そのものだった。会社では何とかか平静をよそおっていたが、一度崩れた精神を立て直すことが出来ずにいた。辞めたくてしょうがなかった。プライベートでも誰にも会いたくなくて、人と会うことを避けていた。全ての人間関係やしがらみをリセットしたかった。やっぱり鬱病だったんだろうな。

にほんブログ村 為替ブログ 豪ドルへ
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする