過去の借金の話(11)-時間の無駄だった

久しぶりに人間らしい生活をしていた。どんなに頑張っても俺には手が届かなかった電気が止められない食べるものに困らない生活は、ある意味カルチャーショックだった。実家には感謝しかなかった。パチスロはきっぱりと辞めた。ちょうどこの頃、パチスロ機は規制により4号機から5号機へと移行しており、まったく興味を持てない内容になっていたことも大きかった。爆裂AT機やストック機などの行きすぎたギャンブル性に警察の規制が入り、5号機という射幸性の低いものに変わって行ったのだ。俺にとっては良かったと思う。

a0960_005973

仕事は相変わらずだった。通勤の満員電車では早めに家を出て席を確保して常に寝ていた。途中の大手町の乗り換え時、毎日ベンチで10分くらいぼーっとしていた。相当まいっていたにしても、はたから見るとみっともなかったかもしれない。Excelで借金返済のシミュレーションを始めた。借金の残高が減るのを確認することが唯一の楽しみだった。古いPCを探せばこのデータは見つかるかもしれない。

アプラ○を完済したときのことを思い出せない。何年かかったのか?どうやって完済したのか?嬉しかったとは思うけどやはり思い出せない。やっぱり今度古いPCの中を探してデータを確認して詳細を思い出してから、このへんのことを書きたいと思う。

a0002_011849

それにしてもここまで来るのに何年も費やし、この先も全て完済するまで何年も掛かかったのだ。自分でお金を借りたのだから自業自得とは言え、本当に時間の無駄だなあ。

にほんブログ村 為替ブログ 豪ドルへ
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

コメント

  1. 隠れトレーダー より:

    しみじみと読ませて頂きました。感想は、母親が生きていて「幸運だった、よかったぁ」です。それで私も、元気に長生きしなくてはと思った次第です。

    息子は高校生の時からパチスロ派で、今も多分パチンコ屋へ言ってるはず。時々、生活が苦しいとか言って、私のなけなしのお金をもらって行きます。

    息子が帰ったあとで家では、「あの馬鹿、会社帰りにパチスロで負けたにきまってるって・・」。わずかでも貰えるアテがあるからいいけど、なかったらと思うだけでこわくなりますわ。

    それにしても貴方は、よくぞ頑張って完済したなあと思います。良いものを読ませて頂きました。ありがとうございます。

    • 南田中 より:

      拙い文章を読んで頂いてありがとうございます。いつかは記録に残そうと思っていましたが、こうやって実際に見て頂くとモヤモヤが晴れる思いがします。
      母や父にはいくら感謝しても足りません。頑張って恩返ししたいです。
      息子さんもいろいろ苦しい時期かもしれませんね。生活が良くなることを願っています。息子さんも隠れトレーダーさんに感謝しているのでしょうね。
      まだ話は続きます。オチとか付けて面白くする自信はありませんが、よかったら見てやって下さい。

  2. 隠れトレーダー より:

    行ってるが、言ってるになっていました。