風邪が治らないのでdTVで24-TWENTY FOURを見ている

DTVで24-TWENTY FOURを見ているのだが、ようやくシーズン4を見終わった。DTVとは月額500円の安さで圧倒的な量のコンテンツを誇る動画配信サービスだ。ちなみに運営はあのdocomoだ。新作はないけど、レンタルビデオ屋さんに行く手間を考えるとお得だと思う。動画配信サービスはDTV以外にもいろいろあるので興味がおありであればぜひ。

動画配信サービスを比較してみた

いまさらではあるが、24はジャック・バウアーやその家族、同僚たちとテロリストとの戦いを描いた人気海外ドラマだ。2001年にアメリカで放送が開始された結構古いドラマだけど、僕は今まで一度も見たことが無かった。DTVを契約してせっかくだからと見始めたのだが古くても良いものは良いね。CTU(アメリカ政府機関のテロ対策ユニット)は頻繁にスパイにもぐりこまれるは殺人はおきるは人質になって拷問されるは内勤の人たちはハッカーみたいな人ばかりだし、ハラハラしながら見ている。

登場人物もジャック・バウアーを筆頭に濃いキャラばかりで、おもしろいのにみんな死んでいってしまうという悲しい物語だ。特に僕のお気に入りだったシェリー・パーマーが撃たれて死んだときは悲しかった。シェリー・パーマーのような敵にまわすとやっかいだけど味方にしてもやっかいな女の人は面白いから友達にしておきたいタイプだ。次はいつトニーとミシェルやエドガー、クロエが死ぬかハラハラしているところだ。

FXのトレードをしながら小ウィンドウを開いて見ているので、なかなか集中して見れなくてところどころストーリーが曖昧になってるのが残念だ。ちなみにブレグジット国民投票が終わったあと、ポン円に手を出して数万円の損失を出してしまった。

にほんブログ村 為替ブログ 豪ドルへ
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする